まのあのお出かけ お気に入り つぶやき版


お出かけ・ 旅行・ 食べ歩き・お気に入りです。
by manoago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
のりさん あはは、..
by manoago at 01:09
引き続きすみません(^^..
by のり at 09:47
のりさん そう!コスト..
by manoago at 00:12
あ~、これこれ! 前々..
by のり at 13:51
KEIさん こちらでも..
by manoago at 23:49
こちらにもお邪魔します。..
by KEI at 12:23
のりさん おおーー..
by manoago at 00:32
> 今、2010 F..
by のり at 10:23
りらっくまさん こんば..
by manoago at 19:52
まのあさん、こんにちわ。..
by りらっくま at 10:50
本家ブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
あの問題②
at 2015-04-25 21:58
横浜 ①
at 2015-01-20 00:00
しばらくお休みしていましたが..
at 2012-03-31 17:58
燃油サーチャージ
at 2011-03-04 21:07
成城石井 旬のキムチ 冬
at 2011-02-23 22:29
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


あの問題②


つづきです。

って続き書くのに
前回から3ヶ月も経っちゃったわ(汗)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんでこんなに地元愛が強いのか…

異常かもしれない。

そこで追求した結果、ある事に
たどり着いたのである。

子供の頃から
何かにつけて横浜市歌
歌わされていることを!

小学校の時からずっーと
学校行事には校歌とセットで市歌を
歌うの。市のイベントでもそう。

あまりに歌いすぎて今でも
歌える。旦那も同じ。夫婦で歌える(笑)

社会人になって東京育ちの同僚に話したら
東京都歌も区歌もあるのかもしれないが、
歌ったことがないと聞き驚いた。

他の地域の人に聞いても同じ。

へ~ 歌わないんだ。
衝撃だった。

これと同じようなことで毎年
6月2日は開校記念日で学校が
お休みになるんだけど、

これが全国区でなくて
横浜市だけだと知った衝撃ったら!(笑)

子供ながらにカレンダーの曜日が
祭日仕様になってないのは
東京で製造してるから忘れてるのねと
意味不明な思い込みで赤○付けてた
(どういう思い込みだ!・笑)

考えてみたら、なぜ横浜の開港校記念日に
日本中が休んでお祝いするわけ?だよなぁ。
おめでたい性格すぎるね、まったく。

その横浜市歌。

歌詞はね。

わが日の本は島国よ
朝日かがよう海に
連りそばだつ島々なれば
あらゆる国より舟こそ通え

されば港の数多かれど
この横浜にまさるあらめや
むかし思えば とま屋の煙
ちらりほらりと立てりしところ

今はもも舟もも千舟
泊るところぞ見よや
果なく栄えて行くらんみ代を
飾る宝も入りくる港


何言ってんだか、わかんないでしょ?(爆)

1909年(明治42年)、横浜開港50周年を
記念して作られました。

訳しますね。

わが日の本は島国よ

私たちの住む日本は島国です。

朝日かがよう海に 連りそばだつ島々なれば
あらゆる国より舟こそ通え


朝日が輝く海に連なる島々で
あらゆる国から船が通ってきます。


ここまでは曲もテンポいい感じで
元気に歌うの。

次から突然転調してちょっとスローな
テンポに変わります。

されば港の数多かれど この横浜にまさるあらめや

なので島国だから港の数が多いけど
この横浜により勝ってる凄い港は
ないでしょう。


むかし思えば とま屋の煙 ちらりほらりと立てりしところ

昔のことを思えば 苫葺きの家(ちゃちい家)が
生活火をちらりほらりと上げてた
所なんですよ。
 (遠い目)

またアップテンポの力強い曲調になり

今はもも舟もも千舟 泊るところぞ見よや
果なく栄えて行くらんみ代を
飾る宝も入りくる港


今はたくさんの舟が港に泊まっていて
これからも果てなく栄えていくでしょう。
飾る宝(いろいろな物)が
今日もたくさん入ってきます。


勝る港なしと自慢し
一度は昔は貧しい漁村でしたと
暴露するんだけど、
果てなく栄えるって、また大きく出て
最後は、また自慢で〆る。

これを声高々にみんなで
大合唱します!(≧▽≦)

意味は習うけど子供的にはあまり
関心なくて、よく理解できないが
強制的に物心ついた頃からずっと
歌わさせられるから

わからなくても、この歌の持つ言霊?は
魂にしっかり刻み込まれていくの。

横浜さいこー!って。

恐ろしい市だよ、まったく…(爆)

でも、そんな横浜が大好き♡(結局これか!)

今日もどこかの学校でこの歌を
大合唱で練習してる
横浜大好きっこ予備軍達がたくさんいるよ。

この歌の作詞は森鴎外。
相当な横浜ラバーかと思いきや
出身者ではないです。

若い頃、横浜港からドイツ留学に
出発したり、なにかとゆかりある地
みたい。

それだけて、こんないい詞を書いてくれて
ありがとう、森鴎外さん。

マツコに調子ぶっこいると言われるけど
わかってちょうだい!

ただ単に都会と田舎のコラボな
住みやすさだけが
地元愛を育てたわけじゃなくて

こういう市民教育もあるのでは?
なんて思ったわけです。

あくまでも個人的な考えですので
ご了承を~

つづく・・・
(まだあるのか!?)
[PR]

by manoago | 2015-04-25 21:58 | あの問題